2017年12月14日

映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド

『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド』

今週の土曜日より公開の「映画妖怪ウォッチ」にパートグロスで参加しております。
妖怪ウォッチは3度目の参加になります!
が・・描きなれたキャラ・・・・は一人もおらず(^^;)

あんなに可愛かったジバニャンやコマさんの変貌っぷりに・・・(゜Д゜;)

いやいや・・・、イケメンはいっぱい出てくるので(^▽^)
みなさん是非見て下さいね!


posted by スノードロップ at 14:18| 兵庫 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

新人アニメーター追加募集のお知らせ

事業拡大のため、今年も来春入社のアニメーターを追加で募集をすることになりました。

詳しくはrecruitのページをご覧ください。

2018年1月9日が締め切りです。

スノードロップでは、動画・原画、それから作監・演出も、重要な仕事として個々の持ち味を生かした仕事ができるよう最大限の努力をしています。
未経験、専門学校卒でなくてもきちんとした技術が身につくように研修を行い、アナログ、デジタル両方の仕事をこなしています。

アニメーションの仕事に興味がある方、沢山のご応募、お待ちしております。
posted by スノードロップ at 20:13| 兵庫 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

お酒は夫婦になってから

お酒は夫婦になってから 第7話『アイリッシュコーヒー』


2017年11月14日(火)〜 放送です。
制作協力としてスノードロップが担当しました。

ショート作品ですが、全カットをデジタルで原画、動画、仕上げまでやった作品です。
イチャイチャ夫婦のラブコメを微笑ましく見て下さい!!
posted by スノードロップ at 09:51| 兵庫 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

スノードロップ 6周年!!

今日でスノードロップは 6周年を迎えました!
お祝いにみんなでお昼をワイワイ…

振り返ってみると、今年は大きな成長を感じる年でした。
グロス作品では、原画をほぼ社内スタッフでやりきる体制が整いつつあります。
動画の方も今年は人数も増えて、担当話数のかなりの割合を社内でこなすことが出来るようになりました。
この秋には(ショートの作品ですが)全カットデジタルでの動画と仕上げを社内でやりました。
仕上げを始めた事は大きな一歩だと感じています。
少しずつですが、出来ることが増えて来ました。

ここまで来れたのも、頑張っているみんなのおかげです(^^)。
みんなの健康とさらなる成長を願うばかりです
image1.JPG

posted by スノードロップ at 21:54| 兵庫 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

デジタル作画

現在レイアウトから着彩まで、オールデジタルの作品に取り組んでいます。
スノードロップは、これまでからデジタル作画もやっていましたが、今回、動画の使用ソフトを、StylosからCLIP STUDIOに変えました。

Stylosでも問題なく作業はできますが、曲線ツールを使わないとキレイな線が引き辛いことから、基本、曲線ツールを使用しています。これが絵を描いている感がない「作業」といった行為に近く、動画スタッフの原画へ移行が遠退くように感じていました。
また、解像度やサイズを知るため仕上げ注意事項が来ないと作業に入れない(これが対応が遅い!動画では必要ないと思われているためか、何度も問い合わせを必要としました)、dga形式のままでの提出か、tga形式(二値化)にして提出なのかもスムーズに行かないことも多々ありました。(アナログの時、二値化は仕上げが担当しますが、デジタル化したら動画が担当?統一ルールがない・・・等)

昨年の夏に、CLIP STUDIOにて原画までやれるようになり、CLIP STUDIOは非常にアナログに近い描き心地で線が引けることから、動画もCLIP STUDIOでやれればとの思いがありました。
レイヤー構成など自由度が高く、表現方法も幅が広いことから、今回CLIP STUDIOでの動画に取り組むことにしました。
効率の良さや便利機能などStylosと比較され、どちらが良い悪いと言われていますが、動画は「作業」ではなく「絵を描く」ということだと捉え、生きた線をフリーハンドで描けることが大きな利点と考えています。

今回は着彩も社内で行っています。(仕上げはスノードロップ初めてになるので、まずはPaintManで行っていますが、将来的には、CLIP STUDIOですべて素材作成まで出来るようにしたいと考えています。)
原画から一貫してデジタル化し、スキャンが不要になり、社内でペイントもすることで、解像度や二値化の話もスムーズに決められるようになりました。

元請け会社側がデジタル対応していれば、今回のようにオールデジタル化できるのですが、30分アニメではやはり各チェック行程で紙作業になってしまってしまうのが残念です。

それにしても、社内用のマニュアルも増えました・・・
アナログでの原画・動画作業マニュアル
アナログ原画からStylos動画のマニュアル
CLIP STUDIO原画のマニュアル
CLIP STUDIO原画からStylos動画のマニュアル
CLIP STUDIO原画からCLIP STUDIO動画のマニュアル
CLIP STUDIO動画からPaintMan仕上げのマニュアル
今はまだ手探りで、自分たちに合った効率の良いやり方を模索中です。
posted by スノードロップ at 21:05| 兵庫 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする